September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第31回ふるさと会津工人まつりへ行ってきました

先週末は奥会津・三島町にて「第31回ふるさと会津工人(こうじん)まつり」が開催されました。三島町生活工芸館前のナラ林に数々のテントが並び、手作りの品々が並びました!

 

手作りに疎かった私には「工人(こうじん)」という言葉が最初よくわからず、初めてイベントを手伝ったときに、手作りをする人の意味であることがわかりました。そしてこのイベントが手作り品の集まるいわば聖地のような位置にあることも実感しました。

 

会場には三島町の工人さんだけでなく、全国各地からなんと200を超えるブースの出展があり、カゴやバッグ、お茶碗などの陶芸品、ガラス細工、染めもの、革…ほかにも多岐にわたる品々が並んでおりました。

 

朝寝坊した私は早くもお腹が空いて、10:30頃には足早に飲食ブースへ。大きな休憩テントが用意されていて、どれを食べようか吟味しながらおりました。

 

奥会津からもたくさんの飲食店が出店!ティールーム山ねこの美味しいカレー(ミニ)や、会津地鶏メンチカツ、やきとりなど、、他にもいろいろ食べたのですが、カメラを手に取る前に完食。

 

iPhoneImage.pngiPhoneImage.png

 

工人まつり会場から5分ほど歩いたところでは「山と木の市場」が開催されており、会場では丸太切りのタイムを競う大会が開催されました。日曜日は男性の部ということで、三島町地域おこし協力隊の二人も挑戦。

iPhoneImage.png

 

切るコツを教わりながら高橋くんの挑戦!朝は田んぼを見回ってからの参戦でした。

iPhoneImage.png

 

「上手だね〜」と褒められながらスタートしたとっきー、記録、4分台。一位の人は40秒台でクリアされてました。ノコギリマスターへの道はまだまだ長い。

iPhoneImage.png

 

シャトルバスで会津宮下駅へ向かうと、少し歩いた先で「てわっさの里まつり」が開催されていました。宮下の街中がとても活気付いている!

 

商店街のお店や、いつもはお店ではないところでの出展が並びました。こちらも手作りのものがずらりと並び、いいなと思うものが次々に目に飛び込んできます。

iPhoneImage.png

 

宮下の街中はゆっくり歩いてみると美しいところがたくさん見えます。

 

こんなところあったのかぁと思うものもたくさん。

 

商店街をのんびりゆったり歩いて宮下の良さも再発見することができました。またハイセンスなマダムもたくさん見かけて、手作り品の良さをわかる人たちが町に集まった二日間だったなぁと改めて思いました。

 

 

三島町生活工芸館(月曜休館)では編み組細工体験や販売もしております。関心がある方はぜひいつでも三島町にお越しくださいね!

comments

   

trackback

pagetop