September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

三島町西方地区で虫送りが開催されました

工人まつり1日目と同じ6/10に、三島町西方地区で伝統行事虫送りが開催されました。

地域の子どもたちが主体となって虫を集めて灯篭と交換し、夕暮れの頃から明かりを灯し地区内を歩きます。なんと江戸時代からの伝統行事なのだとか。

 

リーダーとなるのは中学校3年生。提灯がいくつもついた竹を持って、列の先頭を歩きます。

「昔はもっどいっぺ提灯もついてただー」と、かつての少年から教えてもらいました。その「昔」は地区だけでも子どもがたくさんいたのですが、今は地区外からも集まり、さらにその家族なども参加しています。

 

虫送りには歩きながら歌ううたがあります。「〜〜〜〜オイクラヨイヨイ」どういう意味なのかしら。

 

夕暮れに歩き始めた行列ですが、先回りして近所の方たちと一緒に待っている頃にはすっかり日が落ち、集落内にはかすかに歌声と足音が聞こえてきます。道幅いっぱいに並んだ灯篭が向かってくる様子は、ちょっとした恐怖すら覚えます。虫だったら送られてしまうのかなぁ…。

 

奥会津地域おこし協力隊 志賀でした♪(´ε` )

comments

   

trackback

pagetop