November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

奥会津人材育成講座に参加してきました

今日は奥会津人材育成講座の「若者・移住者向け」2回目の講座があり、只見町のさんべ農園さんと、金山町のハーベスさんにお伺いしました!

現場へ移動中。

 

さんべ農園さんでは「南郷トマト」や美味しいお米を生産されています。

「南郷トマト」は関東にお住まいの方もスーパーで見かけたことがあるかもしれません。今から55年前に生産を始めて以来、どんどん生産者も出荷量も増えて、今では只見町・南会津町南郷地域に合わせて121名の生産者がいるそうです。

高さが3mほどあるハウスですが、冬の積雪はこの一番上の部分まで届くのだとかΣ(゚Д゚;)

ハウスの中は小さな働き者たちがブンブンと(お忙しいようで、ポーズを撮っては頂けませんでした)。この黄色いお花がトマトの花。クロマルハナバチが受粉を済ませた花がこの3つのうちどれだかわかりますか?

 

今年はもう本当にすぐに収穫が始まるとのことで、畑のトマトもふっくら実っていました。収穫の時期は猫の手も借りたい忙しさになるそうで、それでも一つひとつ丁寧にもぎ取られて行きます。

 

 

続いて訪ねたのは、株式会社ハーベス大塩工場。天然炭酸水の「炭酸場」のご説明は、保存会の方からお伺いしました。なんでもこの水で淹れたコーヒーが美味しいのだとか。他にも地元ならではの活用方法を教えてもらいました。

 

この井戸の隣りにある建物が、ハーベスさんの工場です。平日昼間は展示室をご自由にご覧いただくことができ、天然炭酸水の歴史や昔使っていたボトルなども観ることができますよ!

 

湧き出る天然炭酸水をボトリングしている工場ですが、今日は特別に工場内も見せていただきました。さまざまなパッケージで販売されていますね。高級感のあるビン入りのものはなんと2年も保存できるとのことです。スパークリングウォーターですので、洋食に合わせて提供されるお店もあります!

 

ハーベスさんは四半期ごとに「美炭酸だより」という情報誌を発行されています。毎回このブログ「今日の奥会津」の記事もご紹介頂いておりますよ!

ハーベスさんの「美炭酸だより」にブログ「今日の奥会津」登場!(2016.11.1)

 

井戸の水をその場で楽しむのも良いですが、ボトリングされた水を持って帰って自宅でじっくり味わうのも良いですよね。大人にはウィスキーとのコラボをオススメしていますよ(*´∀`*)

奥会津の資源を活かした産業の現場をみせていただきました。南郷トマトも天然炭酸水も、地域の方が大切にしてきたもの。いま社会で生きる私たちは、後世にどんな形で受け渡せるでしょうか。
想像以上に楽しい視察でした。次回は9月2日に「会津地鶏みしまや」さんと「木工房MEGURO」さんに訪問予定です。ご参加希望の方はホームページからお申し込みくださいね。
pagetop