August 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

七日堂裸詣り2018

さむーい冬に、あつーい男たちが集合!1月7日、福島県柳津町の福満虚空藏菩薩圓藏寺にて、七日堂裸詣りが開催されました。

七日堂裸詣り

丑の刻(現在の20:30)の鐘とともに褌姿の男たちが門前町の各地から一斉に走り始める。向かうは、この日だけ七日堂と呼ばれる菊光堂。

福満虚空藏菩薩圓藏寺

 

足元は冷たい雪、さらに舗装された道路は勢いの良い消雪パイプ、そんな中を「わっしょい!わっしょい!」と裸足で駆け抜けて本堂へ入ると、大鰐口から垂れる麻縄へ一目散に飛び掴み、登る。

(駆け向う姿は、2016年1月のブログを参照ください)

七日堂裸詣り

 

温泉か?というくらいの熱気が伝わってきます。

七日堂裸詣り

 

もともとの謂れは、只見川に棲む龍神を、一致団結した民衆の力で退治するという伝説にちなんだ奇才です。

ここまでは柳津町の方から聞いた話をまとめたものですので、さらに詳しく知りたい方は圓藏寺へお参りしたり、柳津町を観光してみてください!

 

今回私が感動したこと。私のすぐ近くで「○○ー!」と生徒の名前を呼ぶ子どもや大人の声がしていて、むむっと縄を見ると知ってる西山中生の姿が!手も足も滑る縄に必死にしがみつく様子は、見ている方まで力が入ってしまいます。

 

西山中といえば、夏には合唱、秋にはバドミントンや駅伝とひたむきに頑張る生徒たち。私は親でも教員でもないのにその姿に涙しそうになりました。ブレた写真や映像は震え上がる感動だったということで…。

 

しばらくすると登りきった人たちが後ろから降りてきました。

一番乗りで登った西山中生たちに、思わずハイタッチ!私、今年厄年だけど、これで一年無病息災でいられそう。

 

フェイスブックページ「歳時記の郷 奥会津」には「わっしょい!わっしょい!」の動画もUPする予定ですので、ぜひご笑覧ください。

comments

   

trackback

pagetop