May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

祝!早戸温泉つるの湯【湯治棟】完成!

JUGEMテーマ:温泉

三島町移住してから、ちょうど1週間となりました。

 

今日は、三島町が誇る名湯・早戸温泉つるの湯の【湯治棟】の完成披露式典を取材しました。

開湯1200年と言われている早戸温泉は、外傷や術後の回復に大きな効果とされており、

福島県内のみならず、近隣の新潟県をはじめ日本各地から湯治客で賑わっていました。

 

自分にとって、つるの湯の一番の魅力は、何と言っても只見川の絶景を眺めながら、

ゆったり入浴できることです。

それに加えて、飲泉できる温泉としても有名なので、健康マニアにも人気が高いとのことです。

 

画像の右奥は従来の日帰り温泉で、左側はリニューアルを終えたばかりの【湯治棟】の姿です。

【湯治棟】の正面はこちらです。

正式オープンは21日となりますが、今日は内覧会一足早く中の様子を見ることができました。

木材をふんだんに使ったことで、宿泊者にとって温もりを感じやすい雰囲気と醸し出しています。

食いしん坊の自分ですが、早速調理室の一角を覗かせて頂きました。

うん!これだけ道具が揃えば、自炊なんてまったく心配いりませんね!

(但し、食材を宿泊者ご自身で用意しなければなりません)

本邦初公開!つるの湯【湯治棟】の専用内風呂です。

いかにも薬湯っぽいですね!もちろん、源泉かけ流しです。

気になる客室(和洋室)の内部はこちらです。

全棟は、和洋室2室、和室6室で計30人まで宿泊できます。

なお、和室でもご希望の方には、貸しベッド(300円/日)をご用意しています。

さらに全客室にトイレ付き・Wi-Fi完備なので、

初めて湯治を体験する宿泊者にとっては、なかなかやさしいと思います。

ご参考に、料金表を掲載させています。

 

いかがでしょうか?

今まで湯治と言えば、なかなか敷居が高いというイメージがありますが、

ここなら、気軽に宿泊してみたいと思いますよ。


奥会津にいらっしゃる際、ぜひ早戸温泉・つるの湯に立ち寄ってくださいね。

comments

   

trackback

pagetop