May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

三島町のアーチ橋三兄弟

このタイトルを見ると、宮下病院の近くにある只見線の撮影スポットを連想する方が多いでしょう。




 

 

 

 

 

実は今回の記事で登場するのは、只見川の両岸に掛かる、三島町内の3つの大橋なんです。

三島大橋(みしまおおはし)、昭和50年生まれの頼れる長男。

意外なところに「日本初」の肩書きを持つ、地元住民にとって欠かせない存在です。

 

高清水大橋(たかしみずおおはし)、昭和61年生まれの次男坊。 

国道252号線の現道にあり、無論通行量が一番多いです。

また、大橋の真上に設置したライブカメラから、奥会津の四季をパソコン越しに見られます。

 

歳時記橋(さいじきばし)、平成5年生まれの末っ子。

元々は広域農道の橋梁で、県の代行工事によって建設されました。

現在は只見川第二橋梁の撮影ポイントとして、鉄道愛好家の間には絶大な人気を誇ります。

 

由緒ある三島町のアーチ橋たちは、どれも素敵です。

これらの建造物は、今日も只見川の畔に佇み、三島町の歴史を語っています。

ぜひ三島町に訪れる際、一度足を運んではいかがでしょうか?

 

 
 
 
 
 

comments

   

trackback

pagetop