October 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

旅人の背中はかく語りき

人の背中ほど、感情を忠実に語ってくれるパーツはないと思います。

 

新しい塗装が施されたラッピング列車と念願の初対面。

思わず前屈みになり、すこし丸くなり、小刻みに震える背中から、大きな感動と興奮が伝わりました。

 

県道の路肩に佇む男性の背中からたっぷりの余裕を感じました。

見慣れた光景のはずなのに、なぜか「温故知新」という言葉を思い浮かべました。

 

撮影スポットを後にして、帰路に就く背中。

一人、三脚。どこか寂しそうな後ろ姿でした。

――「次はいつ会えるだろう?」

 

風に吹かれて、峠に立つ背中。

見下ろす絶景に思わず息を飲みました。

――旅人よ、大志(おおし)を抱け。

 

田んぼのある風景を求め、夜明けとともに宿を出て、ようやく目的地にたどり着いた背中。

伸びきった背筋から、自分の信念を決して曲げることなく、ひたすら真っ直ぐに活きる大人の姿勢を垣間見えました。

 

「奥会津背中コレクション」は、これからもどんどん増えていくと思います。

背中の数だけ、旅人の人生があります。

奥会津を人生の旅先に選んでくれて、本当にありがとうございます!

すべての旅人に、幸あれ!

comments

   

trackback

pagetop