September 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

JR只見線パーク&ライド 路線バス運行

只見線に路線バスが土日を中心に走ります。

 

只見線全線開通が決まり、徐々に動きが見え始め・・

今回は路線バスが土日を中心に走るそうで、さっそく乗りに行ってきましたよ。

 

【奥会津ぶらり旅】〜乗る、撮る、バスでつなぐフォトジェニックな旅〜

詳しくは、ここちらをどうぞ。

https://www.aizubus.com/sightseeing/bus/okuaizu_burari

 

「道の駅みしま宿」から遊歩道を登ると撮れる、有名な撮影スポット、只見川第一橋梁で9:04と9:17とを撮影し、

「道の駅みしま宿」を9:30発のバスに乗車してみました。

只見川第一橋梁の撮影スポットは、高いところまで登る事も可能ですが、暑かった事と発車時間に間に合うかも気になったので、手軽に一番低く近い場所から撮影し、道の駅に戻るとバスが待っていました。

 

JR只見線とお揃いの車両カラーで、キハ40の文字が!

バスが走行する国道が252号線なので252にしたそうで、写真には写っていませんが、赤べこなどが描かれています。

 

事前に計画を立て、フリー切符にするか、

車内は可愛い赤チェックのシート。

山道走行で揺れるので、乗り物に弱い方は前の方に座るのがオススメです。

それでも風景を楽しみたい方は後方へ。乗用車よりも車高が高いので見下ろす感じを楽しめます。

沿線道路をご存知の方ならわかると思いますが、川口駅方面へ向かう途中のみ、早戸駅を越えた辺りでカントリーロードの音楽が流れる箇所がありますが、バスのタイヤでのカントリーロードも、楽しめました。

ご乗車される方は、ぜひ耳を澄ませて聞いてきてくださいね。

バスの中から撮影した只見線の橋梁。とても幻想的でした。

今まではツアーでしか体感できなかった、鉄道に乗車しての風景と、道路からの風景両方を一度に楽しめます。

 

川霧が立ち込める風景を眺めながら、私が乗車したバスはノンストップで川口駅と「道の駅 奥会津かねやま」を目指します。

途中撮影したい衝動に駆られましたが、列車は走ってないので・・・。

道の駅の方が手前にありますが、先に川口駅に到着。

川霧が出ていたこともあり、ここで下車し、JR川口駅入場券を購入してホーム内部で、車両や風景撮影を延々一時間ほど楽しみ、駅近郊で昼食を取りました。

 

実際は乗っていませんが、その後12:32発のJR只見線、会津若松行きの列車に乗車すると、「道の駅みしま宿」に一番近い会津宮下駅。「道の駅会津柳津」「憩いの館ホットinやないづに」一番近い柳津駅に帰る事が可能でした。

ただ、JR只見線の駅から、道の駅までは歩く事になるので、秋など気候が良い時に、歩くことも想定しプランを立てるのも良いかもしれません。

 

「おすすめルート以外にも、お気に入りのルートを見つけて、あなただけの奥会津をお楽しみください」との事なので、

鉄道の時刻表と、バスルートを照らし合わせ、様々なプランを立てるのも、また、旅の楽しみ。

お手軽プランや、撮影乗車プランなどなど、素敵なプランが見つかったら、ぜひ、ぜひ教えて下さいね。

 

 

 

comments

   

trackback

pagetop