November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

宿舎 森の校舎カタクリへ。

道に迷い学校?へ

名古屋から着任し・・・一人で運転したものの

どうもトンネルが苦手で・・途中、トンネルを回避し、麻生大橋で進路変更したところ山道に突入し・・・

道に迷った時に見つけたのがカーナビに載っていた【森の校舎カタクリ】でした。

 

一体ここは?・・・学校?

 

 

学校にしてはあまりに静かで、吸い込まれるように中へ・・・

「こんにちは〜」 

 

し〜ん・・・

 

廃校? 廃校にしては綺麗に整備され、ホテルのロビーのようにソファーが置かれています・・・

 

不思議に思っていると奥から気さくな感じの方が現れ、色々と教えて下さいました。

 

管理をされている小柴さん。

 

そこは、廃校となった小学校を利用した宿泊施設だそうで、平成7年、小中学校の一斉統合により、

この西方地区の小中学校も閉校になり、それでも

「受け継がれてきた歴史と、母校を無くしたくない」との強い想いから宿泊施設を始められたそうです。

 

お話から熱意と、後継者不在に対する、もどかしさも感じました。

 

内部も見せて頂きました。どう見ても学校・・・なのですが

 

教室内には、机と椅子のかわりにベッドが!

 

 

和室も。

 

男女別のお風呂と、綺麗なお手洗いも完備。

 

廊下に出ると、やはり学校。・・・・なんとも不思議な建物です。

 

ピアノがあり、明るく広い談話室

 

木製の椅子の広い食堂。

 

窓辺の額縁には鉄道写真が飾られていました。

訪れた方が、記念に置いて行かれるのだと写真も見せて下さいました。

 

そこで来客と共に登場されたのが、代表の小柴ヨシノさん。先にお会いした小柴さんの奥様だそうです。

 

東京の学校の先生との野外体験学習の下見と打ち合わせとの事で、同席させて頂きました。

そのご縁で、野外体験学習当日にもお邪魔させて頂くことになりました。

(その様子はまた次回へ・・・)

 

合宿や野外体験では、地元のお母さんたちが作る郷土料理をはじめ、バーベキュー、餅つき、流しそうめん・・・など

様々な「したいこと」の要望に出来る限りお応えしたいと意欲的にお話しされ、遠方から来て下さる方達を

精一杯もてなしたい、と言う お気持ちがとても伝わってきました。

 

 

宿泊の詳細はこちらです。

http://katakuriokuaizu.wixsite.com/index

三島町生涯学習センターの名称の持ち、地元の行事にも利用され、だだっ広い教室に泊まる、

個人での宿泊も受け付けているそうで、詳細はお電話で問い合わせてみてくださいね。

 

pagetop