March 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

賑わう只見線沿線と紅葉。(2018年10月26日)

只見線に小出から乗車しました。

IMG_3162s.jpg

休暇を利用し長岡、小出方面から乗車しました。

紅葉シーズンの秋は初めて。平日にも関わらずツアーの方やグループの方で、とても賑やか!人の多さに驚きました。

あいにくの雨でも、只見に近くなり紅葉が見える度に歓声が上がり、トンネルの間にチラリとしか見えない田子倉湖が見えた時には、大きな歓声が上がりましたよ。

 

明日、明後日の土日、10月27日、28日は、只見駅ー新潟駅を快速『只見紅葉満喫号』が走ります。

きっとこんな風に賑やかな事でしょう。撮影される方も多いのではないでしょうか?

沿線の金山町では金山町町民体育館で『奥会津ごっつおまつり』と『〜只見線シンポジウム〜只見線の新しい歴史を創る』も開催されます。こちらにも足をお運びくださいね。

 

詳細はこちら

 

奥会津ごっつお祭り

https://www.town.kaneyama.fukushima.jp/uploaded/life/5741_43156_misc.pdf

https://www.town.kaneyama.fukushima.jp/uploaded/life/5741_43157_misc.pdf

只見線シンポジウム

https://www.town.kaneyama.fukushima.jp/soshiki/54/sinpojiumu2018.html

 

さて、団体の皆様は、只見町づくり協会の方達に元気に見送られ、代行バスと共に待っていた、大型観光バスに乗り込んで行かれました。

 

小出発13:11の列車は、一日4本の列車のうち、唯一、待ち時間が無く、スムーズに会津若松駅まで行ける列車なのですが、

残念な事に、乗り継ぎ時間が只見駅で4分、川口駅で5分とスムーズ過ぎて、写真撮影どころか、買い物もトイレ休憩もままなりません。

只見駅は、様々な只見線グッズも販売されているので、ゆっくり見たいところですが、この代行バスを逃すと次は16:00発。

到着の会津川口駅から会津若松駅への列車が、上り最終列車の19:09発しかないので、会津川口駅でも2時間待ちとなります。

行く宛てがあり、飲食して帰るにはちょうど良いかもしれませんが、今回はそのまま急いで乗り込みます。

 

IMG_3191.JPGIMG_3206s.jpgIMG_3199s.jpg

カメラを持っていると、自然に仲間になり、団体やグループの皆様と共に満員の只見線に揺られ、紅葉を眺めました。

途中から乗って来た方が、会津若松駅まで座れない事を不安がっていましたが、ツアーの方は会津柳津駅で下車される事が多いので、そこからは空いて来るかもしれません。

 

夏休みも乗客が多く、ボックス席が埋まっていて、取り組みの成果か、只見線の知名度が高くなったような気がしました。

 

ここからは本日10月26日の画像です。

 

IMG_3439s.jpg

宮下ダム。午前9時台。カメラの設定で黄色い紅葉が赤くなってしまいました。

既に3台停まっていて4名ほどの皆さんが待ち構えている所でした。ここで(山道が狭い)人に会うのは初めてです。

 

IMG_3247.JPG

第3橋梁。こちらも数名が撮影されていて仲間に入れて頂きました。

 

IMG_3251.JPG

まだまだ、来月が見頃では?

只見線の撮影は、時間も場所も限られているので、一度居合わすと、次の場所でも出会ったり、

情報交換したり、すぐに仲間になり和気あいあい、いつの間にかツアーのようになっていて、そんな所が個人的には、とても好きです。

 

IMG_3485s.jpg

ビューポイントの只見川第一橋梁。

久ぶりに一番上まで登りましたが、やはり、そこは絶景!

この紅葉は先着順ですが、楽しく、そして真剣に・・感動を分かち合い撮影できたらと思います。

 

皆様も楽しく、そして想い出深い週末に、なりますように。

pagetop