August 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

新年度の奥会津

新元号に沸き立つ4月1日。

こちら奥会津振興センターは局長、次局長の二名と、さらに主任事務局員の二名が一度に入れ替わり、新たな新年度4月1日を迎えました。

私たち地域おこし協力隊3名は、会津若松にある会津振興局まで委嘱状を受けに行きましたが、会津振興局も、局長、次局長の二名が一度に入れ替わり、地域おこし協力隊の担当者も変わりました。

委嘱状交付式へ移動中の只見川の風景

 

新年度と言う言葉は、今までの私の暮らしでは全く縁の無いもので(どちらかと言うと年始の方が重要でした)

今回が学生以来初めて経験する年度末と新年度です。

新しいクラス、新しい先生、気持ちを新たに一年ごとを区切りにし、卒業までを大切にしていた学生時代の感覚が蘇ります。

 

地域おこし協力隊も一年ごとの更新で最長3年まで。

ミッションや行いたい事を、どんどん叶える努力をしないと、あっという間に任期が終わってしまいそうです。

自分の意志でその土地に来ているものの、任期が終われば収入源は無くなり、生活の拠点となる住む家も無くなるので、それも踏まえてきちんと計画し行動を自分から起こして行かなければと、他の隊員との交流で再認識し気持ちを新たにしました。

帰り道から見えた残雪の磐梯山(ばんだいさん)

 

この日は新元号発表とあって、朝からその話題で持ち切り。

11時半過ぎ、新年号の発表は、委嘱状交付式の帰りに聞きましたが・・その後、奥会津振興センターにも号外が届けられました!

「令和です!」

 

新年度からも、引き続き【歳時記の郷奥会津】を、どうぞよろしくお願い致します。

pagetop