April 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

第二橋梁に新たな只見線撮影スポットが誕生しました!

「絶景只見線・新ビューポイント 只見川第二橋梁」

モサモサしていた木を整備したと聞き、4月の雪が珍しいこともあって取材に出かけました。

そこには見慣れない広々とした光景が!

そして、その風景を早々にカメラに収めようと?既に車が停まっていました。

よく見ると見覚えのある車。

只見線の為、地域の為、熱い思いで国内外問わず、常に精力的に活動されている、郷土写真家の星賢孝さんでした。

(道路の赤い橋を撮影)

本数少なく数ある撮影スポットで、こうして偶然出会うと只見線の守り神に出会えたような有難い気持ちになります。

 

「三島町の赤い橋と、只見線を今回、福島県の宮下土木事務所の景観整備事業によって、同時に撮れるようになった」と解説して下さいました。そして、「単なる撮り鉄の為の景観整備ではなく、車窓の景観向上、河川管理の安全にも配慮し、三島町が進める伐採材の利活用にも貢献する事業」だそうです。

 

詳しくは星賢孝さんがご自身のFacebookの中の「絶景只見線・新ビューポイント 只見川第二橋梁」

こちらで投稿されています。

https://www.facebook.com/kenkou.hoshi/media_set?set=a.2173471112766437&type=3

日々の雄大な只見線風景もアップされていますので、ぜひご覧になって下さいね。

星賢孝さんのFacebookトップページはこちらです。

https://www.facebook.com/kenkou.hoshi?epa=SEARCH_BOX

 

あえて全景を入れてみました。

今までは茂みに覆われていて立ち入ることが出来ず、この角度からの撮影は叶わなかったので、工夫次第で様々な撮影が出来そうで、朝夕季節を問わず楽しみですね。

その後、「あの桜も(只見線、会津西方駅の背後を指さし)見えるように三島町が景観整備してくれた」との事で行ってみました。

sakura.jpg

すっきりと見晴らしの良い風景!この木は桜だそうです。

IMG_2881.JPG

只見線も見えます。どんな風に撮るか・・先ほどの第二橋梁と同じく、様々な撮影が楽しめそうですね。

桜が咲いたら、また報告したいと思います。

「これからは、只見線沿線はどんどん良くなる」と賢孝さん。

 

全線開通に向け動き始めた只見線。

過去にどれほどの思いで、ここまで辿り着いたのか私には到底計り知れませんが、今までの水面下での取り組みが、どんどん目に見える形で表れていて、昨年までの春とはまた違う、新たな三島町の只見線情景が期待できそうです。

 

奥会津只見線の春の風景は通常4月中旬〜下旬。

暖冬と言われながらも、雪が降る今年はどうなるのか、全く予測が付きませんが、只見線の新名所を、ぜひぜひ撮りに来て下さいね!

 

ゴールデンウイークには今年もトロッコ列車が走りますよ。

詳細はJR東日本仙台支社のこちらです。

https://jr-sendai.com/upload-images/2019/01/201901182.pdf

pagetop