September 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

緑眩しい霧幻峡の渡し

瑞々しい緑の中を舟が行く・・・

手漕ぎの舟が ゆっくりと漕ぎ出します

 

300年もの歴史の残る廃村、まさに日本の源風景といえる集落へ、誘う渡し舟は

現代とは違う時空を感じさせてくれます。

さらにもう一隻、漕ぎ出し 緑一色の世界に 包まれて行きました。

川霧に包まれた光景も幻想的ですが、緑一色の風景もまた絶景。

 

以前は探しても地図になく、どこにあるのか、どうやったら乗れるのか・・・そんな部分も含め

幻想的な『霧幻峡の渡し』でしたが、誰でも気軽に乗る事が出来ます。


   霧幻峡の渡し MUGENKYO



五十余年前に廃村になった集落には、只見川を渡る「手漕ぎの渡舟」がありました。
子孫である住民が、現在も眠り続ける「廃村集落」と「霧幻峡の渡し」を半世紀ぶり
に復活させました。幻想の川霧に包まれながら、時空を超えた日本の本物の原風景に
出会える旅が、今鮮やかによみがえりました。
(案内のチラシより)


【営業日】2019年11月中旬 午前7時〜日没まで
【ご予約・お問い合わせ】金山町観光物産協会 0241-42-7211

 

問い合わせ先が変わり、2019年6月現在は、金山町観光物産協会 0241-42-7211 が担当しています。

お電話により詳しい内容をご案内していますので、気になる方は気軽に問い合わせてみてくださいね。

ネット中心の世の中ですが、ここ奥会津では、まだまだ電話予約&問い合わせが主流です。

pagetop