July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

第33回 ふるさと会津『工人まつり』と『てわっさの里まつり』

一年に一度、三島町に人が溢れました!

伝統的な編み組細工と、工芸品が有名な三島町。

著名人が訪れ、テレビでも多く取り上げられている、その三島町で、

2019年6月8、9日、第33回『工人まつり』と『てわっさの里まつり』が盛大に開催されました。

 

『工人まつり』会場。

普段は、ほとんど立ち入る人のいない三島町生活工芸館前のナラ林には、テントがずらり。

 

天然素材を用いた、数万円の工芸品が、飛ぶように売れて行きます!

審査に受かった全国からの工人(職人)たちの、こだわりの逸品が販売され、

その価値の分かる人達が、この日を楽しみに全国から集まり賑わいます。

 

地元料理をはじめとした飲食ブースも充実。

良い匂いが漂い、丸一日いても全部見て回れない規模でした。

 

こちらは会津宮下駅から歩いてすぐの『てわっさの里まつり』会場。

普段は人を見かけない三島町役場前の公園も、こんなに賑やか。

 

三島町の編み組み工芸品は人気が高く、どこでも人だかりができていました。

 

今年から台湾との交流事業の一環として国立台湾工芸研究発展センターからの出店もあり

イグサを使った工芸品などが出展されたそうです。

 

ふるさと会津『工人まつり』と『てわっさの里まつり』に関する

詳しい内容は三島町のHPで紹介されていますので

来年の参考にいかがでしょうか。

三島町のHPhttp://www.mishima-kankou.net/20190320/

pagetop