February 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29

沼沢湖の特産・ヒメマス遡上

秋の産卵シーズン。

IMG_4889.JPG

こちらがヒメマスが生息する神秘の湖、沼沢湖。

唯一注ぎ込む「前ノ沢」と呼ばれる川に、ヒメマスが遡上すると聞き、探したところ…

75534291_2467228633391097_3711774242589638656_n.jpg

階段のように整備されている所が。

 

どうやらこの小さな川が「前ノ沢」のようです。

隣にはマコモタケの水田があり、夏に訪れた時は木々に覆われよく分かりませんでしたが、今回ヒメマスの産卵シーズンで見違えるように整備されていました。

いました!!

人と自然との関わりを目の当たりに。

 

大正4年に放流したのが始まりで、今日まで地域の人に愛されてきたと言う沼沢湖のヒメマス。

大切な地域資源として、保護し活用することで地域活性化につなげる活動が行われているそうです。

生息環境を改善し、自然孵化の増大を図る目的で作られた「魚道」

作業をされている方にお話しを伺うと、コケが付いたところをお掃除しているそう。

この後は、遊歩道の手すりまで丁寧に拭き掃除と整備をされていました。

子供たちの学習の場でもあるそうで、

透明になっているのでタイミングが合えば、登る様子が見えそうです。(画像は望遠で撮影し拡大)

シーズンのピークは過ぎ水量も多く、ヒメマスが登る様子は残念ながら今日は見れませんでした。

 

この川がどこまで続き、ヒメマスがどの辺りまで登るのか気になるところ。

(上流側を望む)

住民の方に挨拶しながら少し歩くと

整備されてないとこんな感じ。さすがにあの段差は登れないかと…

 

今回、初めて見たヒメマス。

人の手により整備された川を、自然の魚が嫌がるのでなく素直に「登ってくれる」姿が、とても可愛く感じました。

孵化は冬。

草木も枯れ果て、雪に埋もれた奥会津で、静かに命が宿るヒメマスの存在は、沼沢湖と同じように興味深く神秘的ですね。

 

 

pagetop