September 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

三島のサイノカミ

こんにちは♪

昨日1月15日は、

国の重要無形民俗文化財に指定されている

「三島のサイノカミ」が三島町各地区で行われました。

五穀豊穣や無病息災、厄年の厄落としを祈願して行われる重要な行事です。




三島町滝谷地区

滝谷地区では御神木を十文字に立てるようです。
各地区によって形が違うんですね。









三島町名入地区





名入地区では丸いお餅なんですね(^^)


この「三島のサイノカミ」が三島町の雪まつり『雪と火のまつり』で再現されます!


第42回雪と火のまつり
開催日:2月8日(土)
会場:三島町町民運動場

問合せ先:三島町観光協会 TEL 0241-48-5000
http://www.mishima-kankou.net/



ぜひお越し下さい






〜歳時記の郷 奥会津〜

只見川電源流域振興協議会

TEL0241-48-5525

http://www.okuaizu.net/







古民家レストラン【夢明庵(むみょうあん)】

こんにちは!


一週間ぶりの更新です

昨日は初めての取材。。緊張しまくり。。。。。。

場所は、三島町の地域おこしNPOわくわく奥会津.comが古民家を改修して始められた大谷地区にある【レストラン夢明庵(むみょうあん)】さん。




大谷地区はそばどころとしても有名で、そばを活用した地域おこしを目指してきました。

人と人との縁などいろんな条件が整いレストランを開店する事ができたと同NPO理事長の五十嵐さんが笑顔でお話されました。
自然豊かな大谷地区に足を運んでもらい、村の美しさを再発見してもらいたい!と頑張ってます。


そばは、地粉100%、石うすで丁寧にひき、会津桐炭ろ過水を使用するというこだわり!



大谷地区のように朝霧がかかる場所では、朝霧がかかる事によって温度が急激に上がらないため美味しいそばができるそうです。
高血圧・糖尿病対策にもなり、そしてそして美肌効果
夢明庵さんの安全・安心のそばを皆様ぜひとも味わってみてください美味しいですよ〜


また、喜多方市の笹正宗酒造の協力で純米酒を開発し販売しています。



↓こちらはにごり酒


日本酒好きの私、是非とも試飲をと言いたいところでしたが仕事中なので。。。
見てるだけ〜

にごり酒は、リキュールのようで女性に人気だそうです。


お酒に使用するお米は環境にも優しいエコ米
雑草を取るために【ころばし作業】というものをしているそうです。
こちらがその画像


こんなに手をかけ、皆さんに可愛がられて育ったお米で作ったお酒は美味しいはずです


また、お酒本来の美味しさを活かすため生酒を雪室で寝かせた
熟成・純米無濾過生原酒≪奥会津秘話≫の申込も承っているそうです。






お申込みはこちらから
わくわく奥会津.com  http://www.wakuwaku-okuaizu.com/

数に限りがありますので先着順とのこと。お早めに!

売上げの5%は震災や新潟・福島豪雨の被災者を支援する基金に役立てます。



こちらが五十嵐さんご夫婦
とても気さくで明るいお二人

味しくて安全なものを食べて、復興させる力をつける と話してました。




自然豊かなこの場所で、美味しいそばを食べ美味しいお酒をのんで力をつけましょう!



レストラン夢明庵

営業日:毎週土日、祝日
営業時間:午前11時〜午後14時
なお、平日や時間外でも5名からのコース予約は応じるそうです。
お問合せ:090−7796−5724
















工人まつり

 先週末の工人まつりは、18000人の人たちが足を運んでくださり、大変な賑わいでした。
今年は震災や原発事故の影響で、県外よりも県内のお客さんが多かったようです。

出展者は例年通り、日本全国から、それぞれ精魂こもった作品が集まりました。
子供たちはツリーイングをしたり、地元の三島町はもとより、金山町、只見町、いわき市四倉からの美味しいものを食べて楽しんでいる様子でした。

初めて訪れた方たちは、静かな山間の中、こんなに大勢の人たちが集まっていることに驚いていました。
そして、新緑の美しさや、きれいな空気も満喫されたことでしょう。

予報では、雨の心配もありましたが、土曜日の午前中に少し降られただけで、お天気にも恵まれました。

奥会津の総人口に匹敵する集客って、すごいです。

スタッフの方々、ご苦労様でした。


初夏の風景

奥会津にも初夏の匂いがあちらこちらに感じられるようになりました。
三島町は今桐の花が満開です。
薄紫の花が咲き誇り、一面紫にかすんでいるところもあります。
ぜひ!「桐の花見」にお越しください。

地元記者との意見交換会

 こんにちは、事務局の目黒ですラッキー
今日も朝から吹雪です雪出勤するまでに何度かホワイトアウトになり、いつもなら7,8分の道のりを12,3分かかってしまいました。

 現在も雪が横から吹きつけるような天気になっています。春が近い、と思っていましたがずっと遠ざかったような気がします。

 さて、昨日は三島町にある奥会津書房さんで、奥会津だより地元記者野方との意見交換会を開催しました。

地元記者との意見交換会

 柳津町の舩木さん、三島町の小松さん、金山町の滝沢さんと奥会津書房のスタッフ2名、事務局の6名が参加しました。実は記者の方同士がお会いするのは今回が初めて。今年度事業の最後の奥会津だより41号が完成したので、最後にこの一年間の活動の感想と、紙面に対する要望、記事への提案を頂きました。

奥会津だより41号

 記事が載ると、近所の方から声をかけられたり、親戚から電話があったりしたという反響もあったということです。また、記事を書いて家族の方や友人に見てもらって校正したり、写真の撮り方に苦労したりと初めての体験でした、というお話も伺うことができました。

 紙面に対する意見として、文字が小さく、情報量が多いので、もっとすっきりした内容にいいのでは、という意見がありました。その他奥会津に住むおじいちゃんおばあちゃんの聞き書き、など新しいコーナーの提案もありました。

 今までは、各町村役場からの情報、奥会津書房さんからの情報、事務局の情報を掲載していた「奥会津だより」ですが、今後は住民の方の視点を入れて見る充実していければいいなと考えています。

 3名の皆さん、本当にお疲れ様でした。
また読んでいただいた皆さん、ありがとうございましたラッキー
来年度の発行もどうぞお楽しみによつばのクローバー
<<back|<141516171819
pagetop