November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

山菜の炊き込みご飯をつくってみました

我が家にはいただきもののワラビと、先日こちらもあく抜きに挑戦したタケノコがあったので、春の山菜炊き込みご飯を作ってみました。

奥会津地域おこし協力隊が考えた山菜炊き込みご飯
材料:
ワラビ(あく抜き済み)10本
タケノコ6カットくらい
ニンジン1/4本くらい
油揚げ(油抜き済み)1枚
お米2合
しょうゆ大さじ2(☆)
みりん大さじ1(☆)
砂糖大さじ1(☆)

作り方:
1)お米を炊く準備をします、水はいつもより少なめで。
2)(☆)をボールに混ぜます
3)材料を切ります。ワラビは2cmくらい、タケノコとニンジンは薄めに、油揚げはお好みに。
4)切った材料をボールに入れて10分ほど待ちます。
5)ボールの中身を炊飯器のお米の上に入れます。
6)炊きます。
7)

ワラビのにゅるにゅる感が生きたままでタケノコはしゃきしゃきだし、ちょっと焦げた醤油のいい香り。ごちそうさまでした。

食器を片付けている時に、入れ忘れた油揚げに遭遇しました。入った方が美味しいと思ったのでレシピには入れておきます。

Wanna be あく抜き名人

三島町の方からワラビをたっくさんいただきました!
_MG_0576.jpg

これを・・・
_MG_0579.jpg

こうして・・・(右が私の鍋。入りきらず、借りる。)
IMG_4417.JPG

こうして・・・(全然水足りない!!)
IMG_4420.JPG

こうして・・・
IMG_4422.JPG

こうじゃ!
IMG_4438.JPG


ワラビのあく抜き、人生初体験。我ながら上出来!昨日はおひたし、今日はうどん。明日は何にしようかなぁ。

三島町でデリバリー&ケータリングMORyのお料理

三島町観光協会のホームページを見ていたら、見たことのない文字を発見。

デリバリー&ケータリングMORy

なんだ!? と思い、調べてみると…みしま特産館さんが新しい名前になってスタートされたそうです。


5月3〜4日の2日間は三島町の「からんころん茶屋」で営業中。
(MORyさんFacebookページから5日は営業しないことを知り、3日間→2日間へ修正。5/4 21:00)

ということで早速、三島のお友達と行ってきました!

_DSC6984.jpg

餅かタケノコか…悩みに悩んで、タケノコをチョイス。

厨房を覗くと、いい匂いが…
_DSC6986.jpg

そしてこちらが「たけのこご飯セット」
_DSC6989.jpg

私にとっては今年初物のたけのこ、香りが良くてほっこり。小皿にのったこごみの胡麻和えと、お漬け物もいいお味で大満足!

ちなみにお餅の場合はこちら。
_DSC6991.jpg
むむ、お餅にしても良かったかも…!?


茶屋は5日まで開催、その後もMORyさんのFacebookページで予定が見られます。


ちなみに読み方がわからなくて尋ねたところ、「モリィ」、アクセントは「モ」です。

奥会津の六次化新商品「味噌汁セット」を料理してみました

奥会津ブランドフェアでも販売された「5種の野菜がとれる味噌汁セット」。


青木農園(昭和村)のしいたけのほか、奥会津の豊かな自然の中で育った季節の野菜5種類を乾燥させた具材と、渡部麹屋(金山町)の天然炭酸水仕込みの味噌がセットになった六次化新商品です。

1セットが2人前なので、遠くから友達が遊びにきてくれたこの機会に料理してみました!
_DSC6940.JPG

このパッケージをご覧になられた方もいらっしゃいますよね?

<作り方>
1)水を500ml用意します。
_DSC6940-1.JPG

計量カップ(250ml)×2回・・・計量カップは久々の登場。

2)鍋に水と乾燥具材を入れます。
_DSC6941.JPG_DSC6940-4.JPG

ここで注意!袋に入っている乾燥剤を入れてしまわないように!
_DSC6941-2.JPG

勢い余って鍋に入れてしまいそうになりました。

3)鍋を火にかけて沸騰したら弱くして5分ほど、味噌を入れて再びふつふつするまで待ちます。
_DSC6942.JPG

切り込みは無いのでキッチンバサミのご用意を。

4)完成!
_DSC6951.JPG


個人的な感想:包丁を使わずにたくさんの野菜を摂ることができて調理は簡単でした(撮影しながらでも作れるお手軽さ)。そして肝心な味ですが、しいたけからのお出汁で芳醇な香りが漂い、野菜の旨味と甘味が加わってちょっと贅沢な味噌汁でした。

ということでこの日の奥会津地域おこし協力隊の夕ご飯。

_DSC6945.JPG
・奥会津の味がぎっしり詰まった味噌汁
・只見町のうまい米
・奥会津のネギのくたくた煮
・会津産野菜のきんぴらごぼう(茨城県桜川市特産の「福来みかん入り七味とうがらし」をかけてみました)
・ロ万(花泉酒造)で下ごしらえしたブリの照り焼き(花泉酒造HP「ロ万」
・会津の春の訪れを告げる野菜「くきたち菜」(JAあいづのHPをご参照ください)
・会津産のいちご「章姫」

奥会津は素材の宝庫、美味しく食べる料理も教わりたいですね。

味噌汁セットは今後の奥会津内外のイベントで、ヤマサ商店さんが販売される予定です。ゆべしや青唐辛子などのファンがたくさんいらっしゃるはず!ぜひご注目くださいね。

夏野菜でお料理!ラタトゥイユ作ってみました

※8/18一部修正しました

今朝の三島は気温24度、窓を開けたまま寝ていると冷えてしまいそうな涼しさでした。


でも夏野菜は相変わらず美味しく、今日は出張先でとーーーっても甘いプチトマトを頂きました!トマト臭くなく果物のような甘くてジューシーなプチトマト。奥会津でこんないい野菜が採れるなんて!と感動しました。

完熟のものをたくさん頂いたので、火を通して明日も明後日も楽しもうと思い、ラタトゥイユ作りに挑戦。

今回は冷蔵庫の在庫と併せてオール福島県産で挑戦!材料は会津坂下産のカボチャとナス、会津若松産のタマネギとニンニク、伊達産のパプリカ、三島産のプチトマトと、道の駅で買ったズッキーニ!オール会津産でも作れそうです。


今採りってなんだ!? と思いながらも手に取ったのズッキーニは、細いながらもずっしりと身の詰まった野菜でした。道の駅尾瀬街道みしま宿(三島町)に並ぶ野菜の中でもひときわ目立つこのポップ。桐の里産業が作ったお野菜なんだそうです。

※現在は好評につき道の駅での販売を行っていないそうです(8/18現在)

農業法人「桐の里産業株式会社」は、奥会津・三島町で農地を有効に使おうと今年3月に立ち上がった組織だそうです。三島町地域おこし協力隊も初めての農業に大奮闘、本当に朝早くから畑へ出かけているお話は伺っており、あの子たちが作ったズッキーニかぁと思うと可愛くて仕方がありません。そんなできたてほやほやの会社が、もう野菜を出荷出来るようになったのですね。

自宅へ戻り、いざ料理。材料はこちら。


桐の里産業のズッキーニはみずみずしくて皮もしっかり、美形でした。


お野菜と塩こしょうで煮込み、完成!


ベテラン主婦&シェフのみなさま、具材間違っていたら申し訳ございません!!
しかし、自画自賛ですが、本当に美味しい料理でした!塩こしょうだけでも素材の味が引き立って、甘みもとろみも酸味も、いろんな味が広がる美味しいラタトゥイユの出来上がり!


素材が美味しいということは、料理も美味しくなるものなのだなぁと学んだ夕ご飯でした。


みなさんはお盆で美味しいお料理を召し上がられていることと思いますが、ふるさとの味をご堪能くださいね。
<<back|<123456>|next>>
pagetop