November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

只見町 第19回塩沢・山の幸山菜まつり(6/7)のお知らせ

JUGEMテーマ:地域/ローカル
わらび採り&山菜まつり 開催!

当日は山菜汁や赤飯のおにぎり、地酒「花泉」のふるまいもあります。
また山菜と物産販売の直売所もあります。

日時:平成27年6月7日(日)

   6:30 3つのわらび園に集合(予約時に指定されます)
 〜12:00 わらび採り
 
  10:30から塩沢農村公園で山菜まつり開始


会場:わらび採り 只見町・塩沢観光わらび園
   まつり会場 塩沢農村公園(塩沢公民館前)

参加料:おひとり¥2,000

お申し込み:塩沢観光協会 TEL 0241−82−2458

主催:塩沢区・十島区山菜まつり実行委員会


〜歳時記の郷 奥会津〜
只見川電源流域振興協議会
http://www.okuaizu.net/
 

河井継之助記念館(只見町)に行ってきました

JUGEMテーマ:趣味
 
先日、只見町にある河井継之助記念館にお邪魔してきました!

ご存知ですか?「幕末にロマンを賭けた男」です!

 

作家の司馬遼太郎にもその生涯を描かれ(『峠』)、最後のサムライと評された幕末の長岡藩家臣です。

・・と、こう書くとまるで元から知ってたかのようですが、実際全く知りませんでした笑
 

全く知らない人の記念館とは結構恐ろしいものなのですが、そこは奥会津の人の素晴らしさです。

なんと受付の方が案内して下さることに!

受付程度の説明しかできませんが・・・とはご謙遜で、およそ30分に渡り、ゆっくりと丁寧にご説明して下さいました!

 

(案内して下さった新国さん。ありがとうございました!)

※案内をご希望の方は事前にご連絡下さい。連絡先後述致します

 

お話を伺っていて驚いたのは、この河井継之助が持っていた感性です。

戊辰戦争の最中、新政府につくか会津藩につくか、切迫した情勢の中、中立の意思を貫き通したそうです。

中立という立場は、実はもっとも標的になりやすく、力が必要だと聞いたことがあります。

そんな状況でも己の信念を貫くため、継之助が図ったのは武力改革でした。


当時日本に3門しかなかった最新のガトリングガンのうち2門を買い(その額なんと3憶!)、

北越戦争では自らそのハンドルを握ったというから、その勇猛さは筆舌に難いでしょう。

 

しかし、兵力の差が歴然としていた北越戦争では、一度は奪還した長岡城も陥落、継之助自身も大けがを負ってしまいました。

そんな継之助は、千数百名の同士とともに、会津へ向け退却します。
 

八十里越えと呼ばれる、新潟県三条市から奥会津の只見町をつなぐ街道。

実際には八里だそうですが、「一里が十里と思えるほど険しい」と、そう呼ばれるそうです。
 

大けがをしながら、そんな険しい道のりを辿った継之助ですが、その胸に募るのは、悔しさと情けなさ・・・

自身でその悲しさを「八十里 腰抜け武士の 越す峠」と詠んだそうです。

 

信念を突き通しても、無念で終わる。その無念さえも無念と終わらせられない信念の力強さ。

それが、中立というもっとも平和を望んだ人の悲運だと思うと、何か熱いものを感じるようでした。

 

さて、外山修造といえば、初代日本銀行大阪支店長であり、アサヒビールの創業や阪神電鉄初代社長と、関西の財界をきづいたエライ方だそうですが、

この方は継之助に、「戦が終われば、商人となれ。武士は俺が死ねば最後だ」と言われ、実行した人だそうです。
 

中立の信念、新しい兵器、そして新しい時代の先見・・・

そんな大器を持ちながら、無念に沈んだ最後を考えると、言葉が出ません。

奥会津はのんびりしていて、すごく良いところですが、戊辰戦争をはじめ、歴史には気を引き締められるものがたくさんあるんですよね。

時には、こうしてしっかり何かを見つめるというのも大切な時間だ、と考えさせられた一日でした。

 

【只見町 河井継之助記念館】http://www2.ocn.ne.jp/~tadami/kindex.html

福島県南会津郡只見町塩沢字上の台850-5

TEL: 0241-82-2870

開館時間:午前10時〜午後4時

休館日:毎週木曜日

※11/24から4月下旬までは冬季休館となりますので、ご注意下さい!






〜歳時記の郷 奥会津〜
只見川電源流域振興協議会
http://www.okuaizu.net/

展望列車スカイツリートレイン「只見町町民市民号」でいく東京下町散策ツアー!

東京ではスカイツリーが新名所となって久しいですが、もう行かれましたか?
自立式電波塔としては世界一位を誇る634mは、なんと東京タワー(333m)の2倍近くの高さです!

今回は、そんなスカイツリーのある東京の下町を、会津田島から展望列車にのって訪れる一泊二日ツアーのご案内です。



旅行日程 11月28日(金)〜11月29日(土)

集合時間 ‖見駅      10:50
     朝日振興センター 11:05

     L析多橋愁札鵐拭次11:15
     げ馗電津膠悄   11:50
     ※以上の集合場所からバスが出発し、会津田島駅から列車にご乗車いただきます。


募集人数 30名様(最少催行人数25名)

旅行代金 26,000円(ツインルーム) / 26,800円(シングルルーム)
     ※お部屋はツインルーム5部屋・シングルルーム20部屋と先着順となります。

旅  程
     一日目:会津田島〜とうきょうスカイツリー駅〜スカイツリー展望デッキ〜ソラマチ自由散策〜浅草駅〜ホテル
     二日目:ホテル〜浅草駅〜雷門・浅草観光〜隅田川クルーズ〜浜離宮恩賜公園〜浅草散策〜鬼怒川温泉〜只見町



お申込み・お問い合わせは下記まで!

一般社団法人 只見町観光まちづくり協会
TEL 0241-82-5250
※受付時間:AM9時〜17時00分



 ~歳時記の郷 奥会津~
只見川電源流域振興協議会
http://www.okuaizu.net/
 

紅葉に染まる、只見の山々に登ろう!

JUGEMテーマ:地域/ローカル

福島では10月の中旬頃から下旬にかけて紅葉が見ごろを迎えます。

五色沼や磐梯吾妻スカイラインなど、福島には多くの紅葉観賞スポットがありますが、
山々に囲まれた奥会津の雄大な紅葉風景も必見です!

今回は、奥会津の人気紅葉観賞スポットである田子倉湖を有する只見町のキャンペーン&イベントのご案内です。

只見町は、今年6月ユネスコエコパークに正式に認定され、その豊かな自然と貴重な資源が世界的に認められました。
この豊かな自然が紅葉で見事に色づく山々を、地元ガイドさんと登るトレッキングはいかがでしょうか?


今回の企画では只見の四山を、それぞれのテーマにそって楽しむことが出来ます!






 浅草岳 山神杉のブナ林 〜珠玉の森でブナ太郎、ブナ次郎と出会う〜

日 程:平成26年10月5日(※終了しました)、13日(祝)、26日(日)、11月9日(日)
集 合:AM7時15分 入叶津登山口
行 程:AM8時〜11時30分 往復3時間30分
参加費:1名 2500円(税込)

浅草岳の登山道の中腹にあるブナ林を往復する中級者向きコースです。




浅草岳 沼ノ平     〜自然首都只見・水の郷うまいもんまつり特別企画〜

日 程:平成26年10月12日(日)
集 合:AM8時   入叶津登山口
行 程:AM8時30分〜13時30分 往復5時間
参加費:1名 2500円(税込/パンつき)

山神杉のブナ林よりさらに奥へ。崩壊している小三本沢を渡って対岸の池沼を往復する上級者向きコースです。




要害山         〜紅葉と展望を楽しむ歴史の山〜

日 程:平成26年10月25日(土)
集 合:AM9時   只見駅前広場
行 程:AM9時30分〜12時30分 往復3時間
参加費:1名 2000円(税込/入浴券つき)

只見駅前から登る傾斜の急な登山道。中級者向きです。




蒲生岳         〜会津のマッターホルンと呼ばれる岩山〜

日 程:平成26年10月26日(日)
集 合:AM8時30分 蒲生集会施設 「雪の里」 駐車場
行 程:AM9時〜12時30分 往復3時間30分
参加費:1名 2500円(税込/入浴券つき)

岩場の連続する高度感のある登山道。上級者向きです。



各回定員20名
また参加の場合は2日前までのご予約が必要ですので、ご注意下さい!



また、現在只見町では「〜訪れるたび好きになる〜 また来てけやれ」キャンペーンを実施中です。

クーポン配布の期間中(平成26年9月1日〜10月31日)、宿泊施設やホームページ(http://www.tadami-net.com/)から入手出来るクーポンを持って対象の宿泊施設へ持っていくと、なんと1000円引きでご宿泊頂けます!
さらにさらに、1000円分相当の只見町産品もプレゼント!

なんと、合計2000円分もオトクなクーポンをご利用頂けるのです!
対象の宿泊施設など、詳しくは下記のチラシをご覧ください。



この機会にぜひ、只見町の魅力をゆっくりと堪能していってください♪


お申込み・お問い合わせ
一般社団法人 只見町観光まちづくり協会
TEL 0241-82-5250 
※受付時間:AM9時〜17時30分






 ~歳時記の郷 奥会津~
只見川電源流域振興協議会
http://www.okuaizu.net/
 

錦秋の只見線に乗ろう!八王子駅発 只見と癒しの森散策の1泊2日ツアー

JUGEMテーマ:旅行
夏も終わりに近づき、奥会津では涼しい風が吹き始めています。

短い夏の終わりに寂しさも感じますが・・・

奥会津の秋には、雄大な自然が織り成す素晴らしい紅葉が待っています!!


今回は、この紅葉シーズンに合わせた

『東京(八王子駅)発 只見線と只見の紅葉風景を満喫する1泊2日ツアー』 のご案内です。











【料金】14,800円 (お一人様)



【日程】平成26年10月28日(火)〜10月29日(水)    ※一泊二日


 10月28日
 
 八王子駅 --- 西福寺開山堂 --- 魚沼庵 --- 小出駅 --- 只見駅 --- 田子倉湖 --- ブナセンター --- お宿
 (8:00発)            (昼食)    (只見線乗車)    (遊覧船)           (17:00)

 10月29日

 お宿出発 --- 叶津番所 --- 癒しの森散策 --- 深沢温泉・季の郷湯ら里 --- 八王子駅
 (8:30発)          (10:00~11:45)    (入浴・昼食)     (18:30)




只見線からの車窓風景はもちろん、田子倉湖クルージングでは、船上からの紅葉風景をお楽しみ頂けます!

また、二日目には紅葉盛りのブナ林の中を散策。 自然の美しさを間近で体験できます。


この機会にぜひ、奥会津の紅葉を堪能し尽してください。



※定員25名の先着ツアーです。お申し込みはお早目に!
<<back|<123456789>|next>>
pagetop